西麻布「明寂(みょうじゃく)」|日本料理|特注和紙メニューカバー|WAGAMI

更新日:6月28日


2022年4月18日、西麻布にオープンした高級日本料理店『眀寂(みょうじゃく)』のために特別に誂えた和紙メニューカバーをご紹介。和紙のサンプル創りと試作を重ねてようやく到達した、侘び寂びの世界観をご堪能あれ!

飲食店 メニューブック制作
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

飲食店 メニューデザイン
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

2016年以来、当サイトの和紙メニューカバーを愛用いただいている南麻布の中国料理店『茶禅華(サゼンカ)』のオーナーから、


新たに西麻布に開業する高級日本料理店『眀寂(みょうじゃく)』のために和紙メニューカバーを誂えたいとの注文が舞い込みました。


ちなみに『茶禅華(サゼンカ)』って、「The Tabelog Award 2022, 2021, 2019 ,2018 Gold、2020 Silver」受賞店にして、「食べログ 中国料理 TOKYO 百名店 2021」選出店で、さらに「ミシュラン三つ星」獲得店という、空前絶後の超エリート店なんです。


そんなこんなで、オーナーの料理や接客サービスに対する並々ならぬこだわりはメニューカバー創りも同じく。


毎回、デザイナーとしても人としても新鮮な学びがある仕事なんです。


飲食店 メニュー制作
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

『眀寂』のメニューカバー創りも『茶禅華』と同じく、和紙のサンプル創りからスタート。なにせ、唯一無二の品をご所望ゆえ。。。


 

眀寂のメニューカバー誕生までの軌跡


既存の和紙メニューカバーからベースをODW-4505に決定

■オーナー:「もう少し黒くしたい」

ODW-4508を制作

■オーナー:「もっと錆びっぽくしたい」

ODW-4506ODW-4507を制作

■オーナー:「光り物(パール)を抜きたい」

『眀寂』専用の創作和紙が完成!

■オーナー:「ロゴの箔押しは“つや消しの銀”で」

■特注の和紙メニューカバーが完成!


 

いや~小野川、頑張りました!店名『眀寂』を体現する静謐なメニューカバーに仕上がったかと。ほんと、静か~な感じ。でも、明るい兆しを感じさせるというか、決して地味ではない。そんなオーラを纏っています。



『眀寂』は2022年4月18日にすでにオープン済み。開店直後から、グルメサイトに「予約困難店の仲間入りも時間の問題」なんて書き込みもチラホラ見かけたので、すでに予約困難店になっているやもしれませぬ。。。


ようやくコロナ規制も緩やかになってきたことですし。自分へのご褒美に贅の極みを堪能してみてはいかがでしょうか。くれぐれも懐はたっぷりと潤わせたうえでのご来店をば。。。



本日もよもやま話にお付き合いいただき、ありがとうございました。


では、また。


++++++++++++++++++++++++++


Client:明寂(みょうじゃく)

Type:高級日本料理

Item:グランドメニュー

Work:特注和紙メニューカバー/ロゴ箔押し



>和紙メニューカバーの商品ページを見る


>和食のメニューカバー制作事例をもっと見る



#飲食店メニューデザイン #飲食店メニュー制作

#飲食店メニューブック制作