top of page
  • 執筆者の写真小野川芳雄

仙台の昭和レトロな横丁に誕生したウイスキーバー「teeny…i」のアルミメニューカバーをデザイン

更新日:1月24日

ウイスキーバー「teeny…i」のアルミメニューカバーのデザイン事例をご紹介します。

飲食店 メニューカバーデザイン
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

「teeny…i」はウイスキー好きの店主が開いたウイスキーバー。マニアはもちろんバー初心者や女性ひとりでも入りやすいカジュアルなバーです。昨年12月、仙台で長年地元で愛される昭和レトロな飲み屋街「壱弐参(いろは)横丁」にオープンしました。


昨今のレトロブームの波は、終戦後の露天市から始まったここ「壱弐参横丁」にも押し寄せて、現在は若者や女性向けの店が急増中とか。


オーダーいただいたのはA4縦長サイズのアルミメニューカバー。カラーはブラック。ヘアライン仕上げの上品な輝きが自慢のスタイリッシュなカバーです。


郷愁漂う横丁内でひときわ目立つポップな内外観に、これがまた、よく似合うんですよ。



飲食店 メニューカバーデザイン
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

中身のメニュー表はクリップピンで留めるタイプ。



飲食店 メニューカバーデザイン
Yoshio Onogawa/menudesign.jp

店名の<teeny=英語で小さな、ちっちゃな>のイメージで、ロゴは小さく、上品に入れました。



「ウイスキーに興味はあるけど、高級そうだし、なんだか敷居が高いんだよな~」と腰が引けているそこの貴方!「teeny…i」で気軽に第一歩を踏み出してみては?



本日もよもやま話にお付き合いいただき、ありがとうございました。


では、また。

 

Client:teeny...i

Type:バー

Work:メニューカバーのデザイン制作




Comments


bottom of page